loadimage
Now Loading ...
Prev

スポンサーサイト

--/--/--(--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comment

comment form

  • Website
  • Comments
  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackback URL

http://nostorynolife.blog43.fc2.com/tb.php/213-22fee1d7

読書メモ 「影踏み」ほか

2008/12/23(Tue) 小説感想・紹介
とりあえず読んだ本とか観たDVDの記録をやっつけてしまおうと思います^^
忘れないうちに
もう半分忘れかけてるけども(;^ω^)

まずはこの5冊

・横山 秀夫 「影踏み」
・誉田 哲也 「ストロベリーナイト」
・朔 立木 「深層」
・島本 理生 「ナラタージュ」
・日日日 「ちーちゃんは悠久の向こう」

続きから簡易感想みたいなメモ
 


影踏み (祥伝社文庫)影踏み (祥伝社文庫)
(2007/02)
横山 秀夫

商品詳細を見る

この間読んだ「深追い (新潮文庫)」がちょっと物足りなかったのに対して、同じ短編でも(こちらは連作短編集ですが)断然こっちのが面白かった!
これまで横山氏というと、組織モノ(警察とか新聞社とか)のイメージだったんですが、本作では一匹狼のノビ師(寝静まった家に盗みに入る泥棒)が主人公ということで新鮮
さらにはその主人公には昔死んだ双子の弟がいて、いまも主人公の中に生きているという一風変わった設定
自然に交わされる死者との会話
それによって主人公の心情とか葛藤がより読み手に伝わってくるような仕組み
影踏み、というタイトルが効いてる
ラストがまた秀逸



ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト (光文社文庫)
(2008/09/09)
誉田 哲也

商品詳細を見る

弟から入手
9月に文庫化された作品だけど、話題作だったんだろうか
なかなかショッキングな事件が題材になっていて、若き女警部補が主人公
犯人のバックグラウンドとか、事件の残虐性とか、主人公のトラウマとか、いろんな要素が盛り沢山な感じで、面白いんだけど少々お腹いっぱい
描写もところどころエグすぎてちょっとキツかった
警察内での昇進システムとか、出世争いとかはすごいリアルな感じで面白かった
でも勝俣が最後ちょっといい人っぽくなったのはいただけない
キャラの軸がぶれてると思う
シリーズものみたいだけど次また弟が買ってくれば読もうかな、という感じ



深層 (光文社文庫)深層 (光文社文庫)
(2007/10/11)
朔 立木

商品詳細を見る

死亡推定時刻 (光文社文庫)」の朔立木氏、ということで買い
4つの中編(?)が収録されてるんだけど、どれも読ませる
苛酷な労働環境の中で研修医が起こした医療ミス
死刑囚の元妻が手紙につづった思い
12歳の少女が売春する理由
鬱病の妻子を抱える劇作家が直面する息子の死
どれも最近のニュースで見かけそうな出来事ばかり
でもその裏には一体どんな思いがあるのか、私たちがなんとなく思い描いているような犯人像、事件像とは違った観点で描かれてる
報道されてることをそのまま受け取りがちだけど、真実は表には出てこないものなのかもしれない
伝えること、受け取ることって本当に難しい



ナラタージュ (角川文庫)ナラタージュ (角川文庫)
(2008/02)
島本 理生

商品詳細を見る

ミステリーばっかりだと殺伐としちゃうのでたまには恋愛小説でも読むか!とかねてから気になっていた島本理生さんを読んでみた
結果・・・・うーーーーーーん
私がもう恋愛小説を受け付けない体になってるんだろうか
キツかった
大学生の女の子と高校時代の顧問の先生の恋愛なんだけど、なんか二人のふわふわした関係とか、主人公の女の子の妙に悟った感じとか、先生の情けない大人っぷりとか、なんかいろいろないわー、って感じでした
同じ年頃の男の子に惚れられてまうのも、実は先生も好きなんじゃん、ってのもなんかムカムカする(ひがみ?)
それでいてハッピーエンドじゃないってのも
ごめんなさい
もう1冊くらい島本さんリベンジしてみたいとは思います



ちーちゃんは悠久の向こう (新風舎文庫)ちーちゃんは悠久の向こう (新風舎文庫)
(2005/02)
日日日

商品詳細を見る

なんとなくジャケ(?)買い
帯のアオリにつられてしまった
結果・・・・・さようなら
もう読むことはないなあこの作家さんのは
よく言えば若々しい、悪く言えば、深みもなにもない文章(言いすぎw
虐待の描写とかあまりに陳腐すぎて、逆にあえて非現実感を演出してるのか?と勘繰りたくなる
山田悠介氏を彷彿とさせる
実際若い作者さんみたいで まあ名前からしてそうだけれど
若者にはうけるのかなあこういうの
たぶん何かしら面白さはあるんだろうけど、どうも私にはもうこういうのを面白く読める感性が失われてしまったようです
元々持ち合わせていないような気もしますがf^^;
スポンサーサイト

comment

comment form

  • Website
  • Comments
  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackback URL

http://nostorynolife.blog43.fc2.com/tb.php/213-22fee1d7
Next
つなビィ
ついった
プロフィール

pear

管理人: pear (ぺあ)
楽天ブログより08/05/01移転

はじめてご訪問くださった方は下記をご一読頂けると有難いです。
このブログについて
リンク・コメントについて
ご注意いただきたいこと

管理人への個別のご連絡は
メールフォームよりどうぞ^^

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本
リンク
お疲れ様でした
なぜとめたし
がらくたぼっくす
絆創膏持ってきてェ
copyright


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。