loadimage
Now Loading ...
Prev

スポンサーサイト

--/--/--(--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まえらぐみ

2008/11/30(Sun) 銀魂お絵描き
まえらぐみ強化月間、今日でしゅうりょ~

といっても私は特に強化してないけどw

でもせっかくなので最後にそれらしいのを


はい、チーズ

maeragumi.png

学校生活のスナップ写真風

隊服描くのがめんどくさかったわけじゃないよ!ほんとだよ!


スポンサーサイト

読書メモ 「さよならバースディ」ほか

2008/11/30(Sun) 小説感想・紹介
あらためて振り返ってみると思ったより読んでない^q^

森博嗣除いたら6作品。

だいたい2日くらいで読むのでもっと読めたはずなのになんでかなw

あ でも森作品はすごく時間掛けて読んでます
なんか脳内で再生されづらい文章なんだよなあ
単に言葉が難しいからってのもあるけど
イメージするのに時間がかかる、なおかつ、細部までイメージしたくなる、からだと思われ
そんなとき、自分の脳みその普段使ってない部分がうぃんうぃん動作してる気がして、その感覚が心地よい

読まない時期は全く読まないけど、読み出すと、次、次、と止まらなくなる
今、積読本のストックがいっぱいあって幸せ^w^

ほんとは吉川英治・三国志を探しに行ったんだけど、なかったから別のをいっぱい仕入れてきた^^

三国志はB●●KOFFになくて、今日はカメレ●ンクラブにも行ってみたけどやっぱりなかったorz
しゃーない、普通に買うかw
それとも年末の大掃除のあととか市場に放出されるんだろうか なんてちょっと期待してみたり

カメレ●ンクラブって全国区なのか分かりませんが、中古のゲームソフトとかDVDとか漫画とか、いろいろおいてある新古書店
どっちかっていうとゲームソフトとかがメインの上あんまり大きくないお店なので、小説はあんまりおいてないんですが、小説の棚の向かいに、同じくらいの量のBL小説が置いてあってビックリ
そしてBLコミックが普通の少女漫画の半分くらいの量があってこれまたビックリ
BL小説+BLコミック+BLCDがお店のかなりの割合を占めていることに!

なんかネットの世界では当たり前になってたけど、いざリアルに、地元でこういう状況を目の当たりにすると、「ああ、本当に世の中にあふれているんだなあ」とあらためて実感しますね^w^
中学生とか読んじゃったりしてるのかなあ 将来が心配^q^

しかし小説コーナーに来たオッサンとかが目にしたらどう思うんだろう、と気になるw


なんか前置きが長くて訳分からなくなったけど、以下読書メモ
畳みます


▼more
さよならバースディ (集英社文庫)さよならバースディ (集英社文庫)
(2008/05/20)
荻原 浩

商品詳細を見る

ホントにハズレがないんですよ、荻原浩
しかもバラエティ豊かで、今まで読んだの作品は全部方向性が違う
でも全部ちゃんと面白い

今回はミステリ、になるのかな
ボノボの研究、っていう題材がすごく新鮮で、そういうドキュメンタリー番組を見てるかのような面白さもあり
バースディがほんとかわいいんだ


魔王 (講談社文庫)魔王 (講談社文庫)
(2008/09/12)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

すっごい面白い!面白いんだけど・・・・
あと500ページくらい続きを書いてほしかった・・・!!いや1000ページ!
兄弟の不思議な力とか、犬養のこととか、もっともっと読みたいよ!
なんだかまだ序章か1章分くらいしか読んでない気分
途中で残りページが少なくなって「あれ?あれ?読み終わっちゃうよ?」と焦った
私だけかなあ 
でもこれ漫画になってるんだよね
漫画として成立するんだろうか、お話的に


ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)
(2008/09/03)
海堂尊

商品詳細を見る

ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)
(2008/09/03)
海堂尊

商品詳細を見る

チームバチスタシリーズ(?)第2弾
同じ病院、同じ田口白鳥コンビ、で医療ミステリなんだけどバチスタとはちょっと毛色が違うかな、と感じました
海堂さんはお医者さんだし、リアリストなのかな、と思ってたんだけど、歌声が不思議な力を持ってる、っていう、なんだかオカルトめいた話にちょっと違和感
それにわりと今回のストーリーはセンチメンタルがすぎるかな
面白いことには違いないんだけど、期待してたのとは若干ズレが

ところでこの間ドラマ見ました
キャスティングにはもはや何も言うまいw
でもまぁかっこいい白鳥さんもアリだな、と思いました^^


深追い (新潮文庫)深追い (新潮文庫)
(2007/04)
横山 秀夫

商品詳細を見る

「半落ち」「クライマーズ・ハイ」とがっつりした長編に対して、短編だと結構あっさり読めます
でもそれぞれ一癖あるおはなし
短い文章の中で、事件を語るだけでなく、人間がくっきり描かれてるのはさすが
エゴとか自尊心とか功名心とか醜い部分を浮き彫りにしつつ、最後は光を差してくれる
現実には醜いだけで終わってしまいそうですけどねw


長崎乱楽坂 (新潮文庫)長崎乱楽坂 (新潮文庫)
(2006/12)
吉田 修一

商品詳細を見る

こういう時代があって、こういう家も確かにあったんだろうな
今よりもっと男と女の役割がはっきりしてた頃
大人には大人の、子供には子供の世界があった時代

勝手に青春小説っぽいものを想像してたんですけど全然違ったw
吉田さん、こういうのも書けるんだ・・・!
これは「パレード」を超えたかもしんない 私の中で


闇の子供たち (幻冬舎文庫)闇の子供たち (幻冬舎文庫)
(2004/04)
梁 石日

商品詳細を見る

私がこういうの読むなんて珍しい!と自分で思ったw

「タイの子供の人身売買の話で、映画がタイで公開中止になった」っていうのを随分前にネットか新聞で見た記憶があって、興味があったので読んでみました
そしたらなんかもうホントごめんなさいごめんなさい、という感じで
あくまで「ちょっとした興味」であって、「関心」があった訳ではなかった
これはもう、加害者側の人間だな、自分、と思いました

フィクションとはいえ、これはかなり現実に近いお話なのではないかな
そう受け止めるにはかなり過酷な現実ではあるけれど
読むに耐えない描写が・・・

人間って怖い

映像化できたのかこれ

いろいろ考えさせられる作品でした
とりあえずもっといろんなことに関心を持とう

TV視聴メモ 「うそうそ」ほか

2008/11/30(Sun) 映画感想・紹介
LANケーブル差し込み口の病状悪化
もう限界だなあこれ

今日コ○マ電機行ってきました
いろいろ教わってきた
しかしデスクトップ単体って売ってないのね^q^
まぁコ○マで買うつもりはないけど

あといろいろじっくり眺めてきた 楽しかった^^
浦島太郎状態f^^;

ペンタブのデモがあったので遊んだり^w^
銀さんの前髪だけ描いてきたw

最近アニメを全くと言っていいほど観てませんorz
銀魂ですら・・・
今クールのはもとより前クールに観てたやつとか
いたずらなkissはどうなったんだろうw

PCあんまり触ってない代わりにTV観たり、本読んだり

小説感想ブログだった名残は木っ端みじんに吹き飛んでますが、自分の読書記録代わりにメモはしておきたいところ
小説は一言ずつでも感想書きたいんだけどなあ
あ あと漫画も


とりあえず、最近観たTV

ネタバレはないけど長いのでたたみます^w^
▼more


今日「うそうそ」観ました
途中寝ちゃった^q^楽しみにしてたのにな

こたつって兵器だよね いやむしろ薬なのか
不眠症の人とかこたつで寝るといいと思う

原作は「ねこのばば」だけ読んでそのまま
シリーズものって知らなかったんだよ

ねこのばば (新潮文庫)ねこのばば (新潮文庫)
(2006/11)
畠中 恵

商品詳細を見る


TVは映像とか凝っててすごくいいと思う
ストーリーはちょっと眠いけどw

手越くんは「疾走」の時のダイコンなイメージしかなくてあれだったんだけど、立派な役者さんになったなあ、と感心

疾走 [DVD]疾走 [DVD]
(2008/10/24)
手越祐也韓英恵

商品詳細を見る


谷原さんはホントどんな格好しても男前だな、と 姿勢いいな、と
ものすごく育ちが良さそう
庶民の出だとしたらご両親の教育が素晴らしかったんでしょう

早乙女太一くんは色っぽいうえに男装のときもかっこよくってもっとテレビ出たらいいのにと思いました

あと家鳴がめっさかわいい!
エンディングのドラゴンアッシュの歌に合わせて踊る(?)姿がなんともいえん!






先週、先々週?TVでやってた「犯人に告ぐ」を観ました

犯人に告ぐ [DVD]犯人に告ぐ [DVD]
(2008/03/21)
豊川悦司

商品詳細を見る


当日、はなさんが日記にTVでやるのにレンタルしてもうたー、と書かれてたのを読んで、「お、これのことか」と
「原作・雫井 脩介」に惹かれて観ることに

犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)
(2007/09/13)
雫井 脩介

商品詳細を見る


この作家さんの本読んだことないんですが、なみ平さんのレビューでちょいちょい見かけて気になってた方です

映画面白かった!

うんうん、こういう人間臭い警察モノ好きです
横山秀夫さんとかそっち系ですかね
組織モノっていうのかなあ
刑事って昔から(今でも)憧れの職業なんですが、きっと私には無理^q^

トヨエツが思いがけず良かった
途中からなぜかトヨエツに子安さんを重ねてしまい(ほんとなんでだろうw
そしたらなんかトヨエツがすごくかっこよく思えてしょーがなかった
っていうかかっこいいな!トヨエツ!
中年になって渋さに磨きがかかったというか
それとも私がオッサンスキーになっただけ?あれ?
声がすごいいいよね エロ

一部いまいち分かんないところがあったので原作も読んでみようかな、と思ったり
でも上下巻あるのかやめようかな、と思ったりw





レッドクリフのときといい、金城がかっこいいとかトヨエツがかっこいいとか、あったまわるい感想!

仕様です^q^


ジョン・ウー監督 「レッドクリフ(赤壁)」

2008/11/23(Sun) 映画感想・紹介
面白かったのでとりあえず布教↓

3分でわかる映画「レッドクリフ」

(へぼへむさんとこに貼ってあった動画を真似っこしました^w^)


ほとんど寝てない状態で映画を観に行くという暴挙に出たんですけど、最初から最後までお目めパッチリ^^
それだけ面白くて目が離せなかったってことかな(ポニョは途中ちょっと寝ちゃったからね;
冒頭の戦闘シーンの迫力に眠気も覚めたっていうか

日本でも超有名で大人気の「三国志」
そのうちの1エピソード「赤壁の戦い」を映像化した作品です

でも「三国志」って男性には認知度高いけど女性はそんなに詳しくはないんじゃないかな・・・?
どうでしょう

私は自慢じゃないですがほとんど全くと言っていいほど無知ですw(ほんと自慢じゃない
去年までは、三国の国名とそれぞれのトップの名前は知ってたけど、誰がどの国かとかイマイチ一致してなかったw

去年「鋼鉄三国志」という三国志をうっすらベースにした超展開アニメを(子安孔明目当てで)観て一応そのへんの人物名は覚えることができたんですけどw

あのアニメは人物像とかキャラ崩壊しまくり(特に劉備ww)だったw
とんでもないアニメだったけど、けっこう面白かったし、私的には人物名を覚えられただけでもためになったので良かったです^w^

ただ赤壁が三国志の歴史の中のどのあたりで起こった戦いなのか、どんな意味のある戦いなのか、っていうのはさっぱり^q^

映画の冒頭に日本仕様な簡単なナビゲーションがあるんですけど、それだけでは物足りなかったので帰ってきてから去年やきまん十さんが作ってくれた「あらすじ三国志」で復習しました^^
とっても簡潔でわかりやすーーい!
私でも分かる、分かるぞ!
やきまん十さんホントありがとうございました!


そんなわけでここからが映画感想


■キャスティング(っていうか金城武

私アジア映画ってほとんど見たことないので、金城武の作品は初見でした
一緒に行った友人は「金城は孔明のイメージじゃない」と言ってたけど(まぁその孔明は横山光輝版孔明なんだけれど)、私としては全然アリ!でした
金城ってかっこいいんだね!
中国語ってのがまたいいのかもしれない
他の中国人俳優さんたちとは違う甘いマスクが武人ではなく文人っぽい感じでよかった
猛々しさのない穏やかで余裕のある表情とか

そしてW主役(?)な周瑜役はトニー・レオン
この方も初見
こっちもやっぱりいいおとこvv

「鋼鉄三国志」では周瑜(cv:三木さん)萌えだった私にとって
周瑜と孔明(cv:子安さん)って最高の組み合わせでした^w^
どーでもいいねw

「レッドクリフ」で一番かっこ良かったのは趙雲!!
もう戦闘シーンが並みじゃなくかっこよかった!!
冒頭、赤ん坊(劉備の息子)を背負って護りながら戦うところでノックアウトされました
頭のイイ男(孔明)もいいけど、強い男ってのはやっぱり惚れちゃうよね
趙雲ファンになりました^w^

ビジュアル的には唯一若者な(?)孫権役の人もなかなかイケメン

孫権の妹、孫尚香役は「小林サッカー」の女の子でした
大人になったなぁ

日本からは甘興(甘寧をモデルにした架空の人物)という役で中村獅童さんが出演してます
セリフあんまりなかったけど中国語しゃべってた
中国語って難しそうだよなー

曹操の主治医(?)で華陀っていう人が出てきて銀魂を思い出したw

ところどころオタクっぽい感想が入るのは仕様です^q^

三国志の主要人物の中でもほんと主要な有名な人しか出てこないんですが、それでも多い!
でもいちいち人物名の字幕を出してくれるので親切設計でした
途中、もう分かったよ、こいつが曹操でしょ!って思うくらい何度もしつこかったw


■ストーリー

上記の通り、三国志オンチな私でも面白く見れたのは、丁寧なつくりと、あくまでも「赤壁」だけに特化して余計な情報を排除してたからだと思われます

それと、一級のエンターテインメントとして作ってやるぞ!っていう意気込み^^
迫力が半端ないです
ハリウッド並
CGもすごいです
エキストラいっぱいでさすが中国だなー、と思ったらたった1000人だとか!

赤壁だけで前後編2本だての大作
開演5分前まで2本だてなんて知らなかったよw

最初に書いたとおり、のっけから迫力ある戦闘シーンに引き込まれて見入っちゃったんですが、途中、若干、間延びしてるかなー、という気もしました

当初は一作のみの予定であったが5時間を超える長編になってしまったため、2部構成に分けられた(wikiより)

んだそうです やっぱりねw

それでも気になったのは琴みたいなのを弾くシーンと周瑜のベッドシーン(?)くらい
とにかく戦闘シーンは細やかに描かれているのがホント良かった

関羽とか武将たちの立ち回りはさすがにこんな一人で超人的に強いとかありえないだろwって感じでしたけど、戦い方に個性が出てて、それがまた三国志らしい
兵士たちの敵味方入り乱れての戦闘シーンは血しぶきとかの描写が多用されてて結構残酷ではあるんですが、実際の戦場はこうだったんだろうな、と思わせられるリアルさ
あと布陣が俯瞰で撮影されてたり、大軍相手にいかに戦ったかっていう作戦とかがすごく分かりやすくて面白かった

ストーリーとしては小国・呉と蜀が結託して大国・魏を倒すぞー、っていう単純な構図から逸脱するものではなく、そう面白味があるわけではないんですけどねf^^;
呉と蜀サイドの人物が全て良い人で曹操がただの独裁者のエロオヤジっぽくカリカチュアライズされている、っていうのも、あえて勧善懲悪な構図に単純化してみせているんだろうな、という感じ
周瑜と孔明の友情ストーリーっぽい見立てにもしてあったり

三国志初心者には優しいシナリオだけど、中上級者にはどうなんだろう

レッドクリフ - 公式サイト
レッドクリフ - Wikipedia




半分つきあいで観に行ったけど予想以上に面白くて、三国志をもっと知りたくなりました
前々から横山光輝版漫画「三国志」は読みたいと思ってはいるんだけど、さすがに満喫で60巻はキツイ
じゃあ「蒼天航路」を、と思ったけどあれも結構な巻数なんだよね(ーー;)
  


というわけで吉川英治版小説「三国志」を読もうかと思ってます^^
8冊ならなんとかいけるんじゃないかと。





<蛇足>

外国の映画・ドラマは絶対字幕!派ですが、ヲタ化してからは吹き替えの声優さんも気になるようになりましたw

◆日本語吹き替え
周瑜:山寺宏一、諸葛亮(孔明):東地宏樹、曹操:磯部勉、孫権:平田広明、孫尚香:朴ろ美、小喬:岡寛恵、甘興:中村獅童、関羽:楠大典、劉備:玄田哲章、魯粛:大川透、献帝:石田彰

石田さん献帝ってw
しゃべったっけかw

レッドクリフ Part I日本語吹き替え 体験版

地下神殿

2008/11/23(Sun) その他雑文
20081123015846

クレヨンしんちゃんの町、某かすかべ市の地下に悪の組織の秘密巨大アジトが!!

……という体で特撮戦隊モノのロケにもたびたび使われてるらしい

本当は洪水とかの災害を防止するための治水施設(調圧水槽)です

通称、地下神殿

確かに高さ20メートル(くらい?)の列柱がそびえ立つ巨大な空間は古代ギリシャの神殿を彷彿とさせるようなそうでもないようなw

一般公開された先週行ったんですがものすごい人!!
なんで?!

廃墟マニアみたいに地下マニアってのもいるのかなぁ

あ、でも私も地下鉄の連絡通路とか好き

迷路みたいで最初わけ分かんないんだけど、徐々に全体を把握できてくると「征服してやったぜ!」って気分になるよね
Next
つなビィ
ついった
プロフィール

pear

管理人: pear (ぺあ)
楽天ブログより08/05/01移転

はじめてご訪問くださった方は下記をご一読頂けると有難いです。
このブログについて
リンク・コメントについて
ご注意いただきたいこと

管理人への個別のご連絡は
メールフォームよりどうぞ^^

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本
リンク
お疲れ様でした
なぜとめたし
がらくたぼっくす
絆創膏持ってきてェ
copyright


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。