loadimage
Now Loading ...
Prev

スポンサーサイト

--/--/--(--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DVD視聴メモ】「バンテージ・ポイント」ほか

2009/08/12(Wed) 映画感想・紹介
せっかくこの間いろいろオススメの映画教えてもらったのに、観たのはなぜかコレとコレ

バンテージ・ポイント コレクターズ・エディション [DVD]バンテージ・ポイント コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/02/25)
フォレスト・ウィッテカーデニス・クエイド

商品詳細を見る


ぐるりのこと。 [DVD]ぐるりのこと。 [DVD]
(2009/02/25)
木村多江リリー・フランキー

商品詳細を見る


弟が借りてきたの回してくれたのであった

パッケージもないし、当然どんな映画かさっぱり分からず観始める
まぁある程度は弟の趣味は信用しているけども
でもせめて面白かったかどうかくらい聞くべきだったw

続きに簡易感想メモですー



スポンサーサイト
▼more
■バンテージ・ポイント

何かもう既に他の作品で観たことあるような手法だけど、こういう構成は大好物です
一つの出来事をその場に居合わせてた複数の人間の視点で繰り返しみせる

でも最後の方はちょっと普通のありきたりなアクション映画っぽくなってしまって残念
あの無駄に長いカーチェイスシーンは必要あったか?
テロリストたちが何したかったのかも結局分からず仕舞いで消化不良感否めない
途中で先が読めてしまったのもなー
もうひとひねり欲しかったところ

おまけについてたダメージの1話のが面白かったかなw
続きみたい
ツタヤの罠

ダメージ シーズン1 VOL.1 [DVD]ダメージ シーズン1 VOL.1 [DVD]
(2008/08/06)
グレン・クローズローズ・バーン

商品詳細を見る

とか思ってたら、今日何の気なしに滅多に観ないBSの番組表チェックしたらダメージの文字が!
しかも今日がちょうど第2話!なにこの奇跡!こわいw

毎夜放送で9/1からはシーズンⅡも放送するらしい
シーズンⅡの宣伝がネタバレすぎるんですがww

何にしてもラッキー^^


■ぐるりのこと。

木村多江さん、これで何か賞獲ったんでしたっけ?
全く予備知識なく見始めて、最初は生活臭ぷんぷんほのぼの夫婦ライフ映画かと思って面白く観てた
そしたらなんだかどんどん暗く苦しい感じに
こういうの観たい気分じゃなかったんですけどー
まぁでも最終的にはハッピーエンドになって良かったです

リリーさんの素すぎる演技がヤバイ

【DVD視聴メモ】「壬生義士伝」ほか

2008/12/30(Tue) 映画感想・紹介
先日、TUTAYAがレンタル100円!!ということで

魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]
(2008/06/25)
谷村美月柄本明

商品詳細を見る



Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]
(2008/08/27)
金城武小西真奈美

商品詳細を見る

を借りに行ったのですが、どっちも全部貸し出し中(´・ω・`)ガッカリ…
半額はいつもやってるからいいんだけどね

代わりに
・浅田次郎原作「壬生義士伝」
・京極夏彦原作「嗤う伊右衛門」
・木村拓哉主演「武士の一分」
の3作を借りてきましたー

続きに軽く視聴メモ

▼more



壬生義士伝 [DVD]壬生義士伝 [DVD]
(2009/01/28)
中井貴一三宅裕司

商品詳細を見る

もうとにかく原作(「壬生義士伝(文春文庫)」浅田次郎)が好きなんです
好きなんです(大事なことなので2回言いました

中井貴一さんの演技、とても良かったです
南部訛りの冴えない中年新撰組隊士・吉村貫一郎の、滑稽さと悲哀がすごく良く出てたと思う

ただ原作派としては、全体の構成が、吉村と佐藤浩市さん演じる斎藤一が軸になってるのがちょっと・・・
そこは大野次郎右衛門なのでは、と思ってしまった
少なくとも私の中ではそうなんだ

それから嘉一郎の手紙・・・
あそこ読んで電車の中にも拘らず涙が止まらなかった私としては、カットしてほしくなかったなあ

でもたかだか2,3時間という制約がある中では致し方ないところか

全体としては良かったです



嗤う伊右衛門 [DVD]嗤う伊右衛門 [DVD]
(2004/07/23)
唐沢寿明小雪

商品詳細を見る

四谷怪談の話だと勝手に思ってました\(^o^)/
ホント、私どれだけ京極夏彦に偏見持ってたんだw
四谷怪談が題材なことには違いないんですけど、全然オカルトではないです

伊右衛門と岩がいつの間にかお互いを深く強く愛してて、あれいつのまに?という感があった
普通とは違う馴れ初めで夫婦になった二人は周囲からは分からない絆で結びついていた、ということかな

唐沢さんも良かったけど、何といってもきっぺー(椎名桔平)が良すぎる
この人はホントどんな役も嵌るなあ
それにしてもラストは怖かった((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

他の脇役の役者さんも素晴らしい
香川照之さんはじめ、池内博之さん、六平直政さん

それと当時の下級武士や庶民の暮らしぶりとかがすごくリアルに映像化されててすごかった
監督は蜷川さん なるほど



武士の一分 [DVD]武士の一分 [DVD]
(2007/06/01)
木村拓哉檀れい

商品詳細を見る

今更ですが見ましたよ
どうしてもキムタクがキムタクにしか見えなくて困りましたが、だんだん気にならなくなりました

お毒見役、という役目上の事故なのに、家禄召し上げとかになっちゃうのか、と当時の武士社会の不条理さに驚きました
今だったらありえないもんね

不貞を犯した妻、弱みに付け込み騙した上役、そしてそれらの原因である不甲斐無い自分
絶望的な状況の中で守るべきは武士の一分
武士として、男として生きる道を失いかけながらも、そこだけは譲れないという死を賭した思い

最終的にハッピーエンドでちょっと大団円過ぎるような気がしますが、そこそこ面白かったです

TV視聴メモ 「うそうそ」ほか

2008/11/30(Sun) 映画感想・紹介
LANケーブル差し込み口の病状悪化
もう限界だなあこれ

今日コ○マ電機行ってきました
いろいろ教わってきた
しかしデスクトップ単体って売ってないのね^q^
まぁコ○マで買うつもりはないけど

あといろいろじっくり眺めてきた 楽しかった^^
浦島太郎状態f^^;

ペンタブのデモがあったので遊んだり^w^
銀さんの前髪だけ描いてきたw

最近アニメを全くと言っていいほど観てませんorz
銀魂ですら・・・
今クールのはもとより前クールに観てたやつとか
いたずらなkissはどうなったんだろうw

PCあんまり触ってない代わりにTV観たり、本読んだり

小説感想ブログだった名残は木っ端みじんに吹き飛んでますが、自分の読書記録代わりにメモはしておきたいところ
小説は一言ずつでも感想書きたいんだけどなあ
あ あと漫画も


とりあえず、最近観たTV

ネタバレはないけど長いのでたたみます^w^
▼more


今日「うそうそ」観ました
途中寝ちゃった^q^楽しみにしてたのにな

こたつって兵器だよね いやむしろ薬なのか
不眠症の人とかこたつで寝るといいと思う

原作は「ねこのばば」だけ読んでそのまま
シリーズものって知らなかったんだよ

ねこのばば (新潮文庫)ねこのばば (新潮文庫)
(2006/11)
畠中 恵

商品詳細を見る


TVは映像とか凝っててすごくいいと思う
ストーリーはちょっと眠いけどw

手越くんは「疾走」の時のダイコンなイメージしかなくてあれだったんだけど、立派な役者さんになったなあ、と感心

疾走 [DVD]疾走 [DVD]
(2008/10/24)
手越祐也韓英恵

商品詳細を見る


谷原さんはホントどんな格好しても男前だな、と 姿勢いいな、と
ものすごく育ちが良さそう
庶民の出だとしたらご両親の教育が素晴らしかったんでしょう

早乙女太一くんは色っぽいうえに男装のときもかっこよくってもっとテレビ出たらいいのにと思いました

あと家鳴がめっさかわいい!
エンディングのドラゴンアッシュの歌に合わせて踊る(?)姿がなんともいえん!






先週、先々週?TVでやってた「犯人に告ぐ」を観ました

犯人に告ぐ [DVD]犯人に告ぐ [DVD]
(2008/03/21)
豊川悦司

商品詳細を見る


当日、はなさんが日記にTVでやるのにレンタルしてもうたー、と書かれてたのを読んで、「お、これのことか」と
「原作・雫井 脩介」に惹かれて観ることに

犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)
(2007/09/13)
雫井 脩介

商品詳細を見る


この作家さんの本読んだことないんですが、なみ平さんのレビューでちょいちょい見かけて気になってた方です

映画面白かった!

うんうん、こういう人間臭い警察モノ好きです
横山秀夫さんとかそっち系ですかね
組織モノっていうのかなあ
刑事って昔から(今でも)憧れの職業なんですが、きっと私には無理^q^

トヨエツが思いがけず良かった
途中からなぜかトヨエツに子安さんを重ねてしまい(ほんとなんでだろうw
そしたらなんかトヨエツがすごくかっこよく思えてしょーがなかった
っていうかかっこいいな!トヨエツ!
中年になって渋さに磨きがかかったというか
それとも私がオッサンスキーになっただけ?あれ?
声がすごいいいよね エロ

一部いまいち分かんないところがあったので原作も読んでみようかな、と思ったり
でも上下巻あるのかやめようかな、と思ったりw





レッドクリフのときといい、金城がかっこいいとかトヨエツがかっこいいとか、あったまわるい感想!

仕様です^q^


ジョン・ウー監督 「レッドクリフ(赤壁)」

2008/11/23(Sun) 映画感想・紹介
面白かったのでとりあえず布教↓

3分でわかる映画「レッドクリフ」

(へぼへむさんとこに貼ってあった動画を真似っこしました^w^)


ほとんど寝てない状態で映画を観に行くという暴挙に出たんですけど、最初から最後までお目めパッチリ^^
それだけ面白くて目が離せなかったってことかな(ポニョは途中ちょっと寝ちゃったからね;
冒頭の戦闘シーンの迫力に眠気も覚めたっていうか

日本でも超有名で大人気の「三国志」
そのうちの1エピソード「赤壁の戦い」を映像化した作品です

でも「三国志」って男性には認知度高いけど女性はそんなに詳しくはないんじゃないかな・・・?
どうでしょう

私は自慢じゃないですがほとんど全くと言っていいほど無知ですw(ほんと自慢じゃない
去年までは、三国の国名とそれぞれのトップの名前は知ってたけど、誰がどの国かとかイマイチ一致してなかったw

去年「鋼鉄三国志」という三国志をうっすらベースにした超展開アニメを(子安孔明目当てで)観て一応そのへんの人物名は覚えることができたんですけどw

あのアニメは人物像とかキャラ崩壊しまくり(特に劉備ww)だったw
とんでもないアニメだったけど、けっこう面白かったし、私的には人物名を覚えられただけでもためになったので良かったです^w^

ただ赤壁が三国志の歴史の中のどのあたりで起こった戦いなのか、どんな意味のある戦いなのか、っていうのはさっぱり^q^

映画の冒頭に日本仕様な簡単なナビゲーションがあるんですけど、それだけでは物足りなかったので帰ってきてから去年やきまん十さんが作ってくれた「あらすじ三国志」で復習しました^^
とっても簡潔でわかりやすーーい!
私でも分かる、分かるぞ!
やきまん十さんホントありがとうございました!


そんなわけでここからが映画感想


■キャスティング(っていうか金城武

私アジア映画ってほとんど見たことないので、金城武の作品は初見でした
一緒に行った友人は「金城は孔明のイメージじゃない」と言ってたけど(まぁその孔明は横山光輝版孔明なんだけれど)、私としては全然アリ!でした
金城ってかっこいいんだね!
中国語ってのがまたいいのかもしれない
他の中国人俳優さんたちとは違う甘いマスクが武人ではなく文人っぽい感じでよかった
猛々しさのない穏やかで余裕のある表情とか

そしてW主役(?)な周瑜役はトニー・レオン
この方も初見
こっちもやっぱりいいおとこvv

「鋼鉄三国志」では周瑜(cv:三木さん)萌えだった私にとって
周瑜と孔明(cv:子安さん)って最高の組み合わせでした^w^
どーでもいいねw

「レッドクリフ」で一番かっこ良かったのは趙雲!!
もう戦闘シーンが並みじゃなくかっこよかった!!
冒頭、赤ん坊(劉備の息子)を背負って護りながら戦うところでノックアウトされました
頭のイイ男(孔明)もいいけど、強い男ってのはやっぱり惚れちゃうよね
趙雲ファンになりました^w^

ビジュアル的には唯一若者な(?)孫権役の人もなかなかイケメン

孫権の妹、孫尚香役は「小林サッカー」の女の子でした
大人になったなぁ

日本からは甘興(甘寧をモデルにした架空の人物)という役で中村獅童さんが出演してます
セリフあんまりなかったけど中国語しゃべってた
中国語って難しそうだよなー

曹操の主治医(?)で華陀っていう人が出てきて銀魂を思い出したw

ところどころオタクっぽい感想が入るのは仕様です^q^

三国志の主要人物の中でもほんと主要な有名な人しか出てこないんですが、それでも多い!
でもいちいち人物名の字幕を出してくれるので親切設計でした
途中、もう分かったよ、こいつが曹操でしょ!って思うくらい何度もしつこかったw


■ストーリー

上記の通り、三国志オンチな私でも面白く見れたのは、丁寧なつくりと、あくまでも「赤壁」だけに特化して余計な情報を排除してたからだと思われます

それと、一級のエンターテインメントとして作ってやるぞ!っていう意気込み^^
迫力が半端ないです
ハリウッド並
CGもすごいです
エキストラいっぱいでさすが中国だなー、と思ったらたった1000人だとか!

赤壁だけで前後編2本だての大作
開演5分前まで2本だてなんて知らなかったよw

最初に書いたとおり、のっけから迫力ある戦闘シーンに引き込まれて見入っちゃったんですが、途中、若干、間延びしてるかなー、という気もしました

当初は一作のみの予定であったが5時間を超える長編になってしまったため、2部構成に分けられた(wikiより)

んだそうです やっぱりねw

それでも気になったのは琴みたいなのを弾くシーンと周瑜のベッドシーン(?)くらい
とにかく戦闘シーンは細やかに描かれているのがホント良かった

関羽とか武将たちの立ち回りはさすがにこんな一人で超人的に強いとかありえないだろwって感じでしたけど、戦い方に個性が出てて、それがまた三国志らしい
兵士たちの敵味方入り乱れての戦闘シーンは血しぶきとかの描写が多用されてて結構残酷ではあるんですが、実際の戦場はこうだったんだろうな、と思わせられるリアルさ
あと布陣が俯瞰で撮影されてたり、大軍相手にいかに戦ったかっていう作戦とかがすごく分かりやすくて面白かった

ストーリーとしては小国・呉と蜀が結託して大国・魏を倒すぞー、っていう単純な構図から逸脱するものではなく、そう面白味があるわけではないんですけどねf^^;
呉と蜀サイドの人物が全て良い人で曹操がただの独裁者のエロオヤジっぽくカリカチュアライズされている、っていうのも、あえて勧善懲悪な構図に単純化してみせているんだろうな、という感じ
周瑜と孔明の友情ストーリーっぽい見立てにもしてあったり

三国志初心者には優しいシナリオだけど、中上級者にはどうなんだろう

レッドクリフ - 公式サイト
レッドクリフ - Wikipedia




半分つきあいで観に行ったけど予想以上に面白くて、三国志をもっと知りたくなりました
前々から横山光輝版漫画「三国志」は読みたいと思ってはいるんだけど、さすがに満喫で60巻はキツイ
じゃあ「蒼天航路」を、と思ったけどあれも結構な巻数なんだよね(ーー;)
  


というわけで吉川英治版小説「三国志」を読もうかと思ってます^^
8冊ならなんとかいけるんじゃないかと。





<蛇足>

外国の映画・ドラマは絶対字幕!派ですが、ヲタ化してからは吹き替えの声優さんも気になるようになりましたw

◆日本語吹き替え
周瑜:山寺宏一、諸葛亮(孔明):東地宏樹、曹操:磯部勉、孫権:平田広明、孫尚香:朴ろ美、小喬:岡寛恵、甘興:中村獅童、関羽:楠大典、劉備:玄田哲章、魯粛:大川透、献帝:石田彰

石田さん献帝ってw
しゃべったっけかw

レッドクリフ Part I日本語吹き替え 体験版

SAW3

2008/11/08(Sat) 映画感想・紹介
20081108030620
うわああああああああああああああ

怖かったよおおお

グロかったよおおおおお

銀魂コミックス派の人は今のうちにSAW観るべし!

と勧めよう思ったけどやっぱりお勧めできないかもーーー

1、2に比べるとグロ度合いがエスカレートしてる気がする

SAWはゲームっぽいスリルある展開とひねりの利いたクライマックスが面白いのに、3はイマイチでちょっと残念

1はまだ大丈夫だと思うんだけど、やっぱり怖いの苦手な人や心臓が弱い人にはムリかもなあ

でもお化け屋敷はディズニーランドのホーンテッドマンションしかムリ!な私でも何とか頑張れば観れる(途中目をつぶりながら)ので、ぜひトライしてみてください

耐えられれば面白い映画なので!

なんて言って見る人いるのかなぁ(笑)

でもSAW見てない人でもちゃんと面白いあたり、空知ネームのパロのサジ加減が絶妙だと思った
Next
つなビィ
ついった
プロフィール

pear

管理人: pear (ぺあ)
楽天ブログより08/05/01移転

はじめてご訪問くださった方は下記をご一読頂けると有難いです。
このブログについて
リンク・コメントについて
ご注意いただきたいこと

管理人への個別のご連絡は
メールフォームよりどうぞ^^

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本
リンク
お疲れ様でした
なぜとめたし
がらくたぼっくす
絆創膏持ってきてェ
copyright


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。